1. HOME
  2. おんでんだより
  3. おんでんだより
  4. 【令和4年初詣特別企画】心が満たされる新春ゆったり散歩〜渋谷エリア編〜

【令和4年初詣特別企画】
心が満たされる新春ゆったり散歩
〜渋谷エリア編〜

Chapter3 近くの素敵なカフェでひと休み

穏田神社で初詣を終えたら、ちょっとカフェでひと休み。
晴れやかな気持ちの時に一人で過ごすのもよし、一緒に初詣にきた家族と束の間のおしゃべりに興じてみてはいかが?

渋谷にこんなに落ち着ける喫茶店があるなんて「茶亭 羽當」

平成元年創業以来、来る人の心を癒し続けている渋谷のオアシス的なスポット。

お店の扉を開けるとふわーと広がるコーヒーの香り。落ち着いた店内に一気に心が穏やかになります。店内はウッド調の重厚感のある家具に、華麗なお花がセンスよく飾られています。

カウンター席から見えるカップアンドソーサーは店頭に出ているだけでも400種類ほどあるそう。お客様に合わせて素敵なカップに飲み物を注いでくれる。どのカップでコーヒーをいただいても「素敵なカップだなぁ」と嬉しくなります。

テーブル席でお友達をおしゃべりしながら過ごすのものいいけれど、一人カウンター席に座って丁寧にコーヒーを淹れてくれる様子を眺め、その芳醇なコーヒーの香りに癒されながら穏やかに過ごすのもおすすめ。コーヒーにはふわふわのシフォンケーキをお供に♡ 紅茶や抹茶、メープルなどのお味があるので迷ってしまいます。他にもチーズケーキやかぼちゃのプリンにサンドなどのお食事メニューもあるので、その時の気分に合わせてご堪能あれ!

茶亭 羽當の居心地の良さについつい長居してしまう。新しい年の始まりに、ぜひ羽當で癒されに行ってみてください♪

<茶亭 羽當(ちゃてい はとう)>
○東京都渋谷区渋谷1-15-19 二葉ビル2F
○営業時:1/1お休み, 1/2 12:00~22:00(L.O 21:30), 1/3以降 11:00~22:00(L.O 21:30)
○公式Instagram:https://www.instagram.com/hatou_coffee_shibuya/

「ドゥ マゴ パリ」で渋谷にいながらパリを味わう

パリのサン=ジェルマン=デ=プレに本店を構える老舗カフェLES DEUX MAGOTS。
Bunkamura内にあるこちらのお店ではパリ本店のエスプリと歴史を感じることができます。

ここドゥ マゴ パリ1F店内では、なんとテーブル席に大きなくまのぬいぐるみがいて、一緒にお食事を楽しめる可愛らしい夢のようなプランもあり。ランチや季節のアフタヌーンティーを一緒に食べられるなんて、年初めから癒されること間違いなし♡

個人的なおすすめはなんと言ってもタルト・タタン。とろとろのリンゴのコンポートが他にはない上品で幸せな味わいの一品です。1ホールに約20個のリンゴを使用、じっくりと焼き上げたタルト・タタンは人気No.1のデザートだそう。
また、後ほどご紹介するBunkamura ザ・ミュージアムで開催中の「ザ・フィンランドデザイン展」とのタイアップメニューもあるので、ぜひ一緒に足を運んでみることをおすすめします。

<LES DEUX MAGOTS PARIS(ドゥ マゴ パリ)>
○東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F/1F
○営業時間:1/1 休館、1/2以降の営業時間についてはホームページをご確認ください。
○公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/magots/

ミシュラン星つきフレンチオーナーシェフが手がける「純洋食とスイーツ パーラー大箸 」

渋谷東急プラザ6階にある「純洋食とスイーツ パーラー大箸 」は、代々木上原にあるフレンチレストラン「sio」のオーナーシェフで今大人気の鳥羽周作氏のこだわりがたっぷりつまった昔ながらの洋食やスイーツがいただけます♪

  • 「ととのうプリンダブル」700円

こういう喫茶店のものが食べたかった!!という全てを叶えてくれるメニューばかり。憧れのメロンクリームソーダはなんて可愛らしいのでしょう!さくらんぼがちょこんと乗ったプリンは濃いめのカラメルにほんのり柑橘系のお酒が香るクリームが乗った絶品。いつまでも大好きなナポリタンは仕上げにバターと生クリームを加えて炒められておりコクがありながらもしっとり滑らかな仕上がりに。
広々とした店内でぜひ絶品洋食メニューを堪能してみてほしい。

<純洋食とスイーツ パーラー大箸>
○東京都渋谷区道玄坂1-2-3 東急プラザ渋谷6F
○営業時間:12/31 11:00~18:00、1/1お休み、1/2 11:00~20:00、1/3〜 11:00~21:00
○公式Instagram:https://www.instagram.com/parlor_ohashi/?hl=ja

「喫茶サテラ」の絶品プリンに舌鼓

青山通り沿いのビルの奥に進むとひっそりと現れる喫茶サテラ。
48年続いた老舗喫茶店を改装し2020年にオープンしたレトロな喫茶店。
店内は木の風合いをそのままにバーカウンターや照明から懐かしさと温もりを感じます。

おすすめのコーヒーなど店員さんが丁寧に教えてくれます。お店全体の雰囲気はとても素敵。

おすすめはこちらのプリン。季節ごとに味が変わるプリンは口の中で滑らかに溶けていきます。程よい固さにほろ苦いキャラメルが絶妙にマッチ。お味が変わるたびにそれぞれの素材の風味が存分に生かされたプリンはとても人気なので、ぜひ一度味わってみて欲しい。

他にもクリームソーダやレモンスカッシュ、ドリアなどおすすめがたくさん。
おひとりさまでゆっくり読書もよし、新しい年の抱負を考えたりするのもよし。思い思いの時間を過ごしてみて。

<喫茶サテラ>
○東京都渋谷区渋谷1-7-5 青山セブンハイツ1F
○営業時間:12/29~1/3お休み、1/4以降11:00~19:00(通常営業)
○公式Instagram:https://www.instagram.com/kissa_satella/

ネオクラシックなフレンチカフェ「Café Marly」

新しく生まれ変わった渋谷PARCO。その1階にある「Café Marly」は、大理石の入り口を入るとゆったりしたふかふかのソファ席、煌びやかなシャンデリアがあのパリ・ルーヴル美術館にある「Café Marly」を想像させる優雅な空間が広がります。

どれも美味しそうだけれど、中でもおすすめはスフレケーキ。オーダーが入ってからメレンゲを泡立てて焼き上げるスフレは、あっつあつのふわっふわ♡
苺のミルフィールやクレープシュゼットのほか、スフレオムレツライスやクロックムッシュなどの食事メニューも充実しているので、ゆったりランチにもおすすめ。

<Café Marly(カフェ マルリー)>
○東京都渋谷区宇田川町15-1 渋谷PARCO1F
○営業時間: 11:00~20:00
○公式サイト:https://shibuya.parco.jp/shop/detail/?cd=025861

「ブルーボトルコーヒー」の開放的な空間でゆったり過ごす

  • MASAAKI INOUE

渋谷区役所から一歩小道に入ると現れる北谷公園。
昨年4月ここ渋谷の地にブルーボトルコーヒーの新店舗がオープン。ブルーボトルコーヒとしては世界初の公園内にあるカフェだそう。この公園の中にまるで現代建築家の邸宅のよう。大きな窓からはバリスタがコーヒーを淹れている様子が窺えます。

  • MASAAKI INOUE

店内は開放的で窓からの温かい日差しが差し込む中、大きなカウンターやローテーブルを囲んだソファエリアでくつろいだり、作業スペースでお仕事をするのもよし。公園内にあるので、天気の良い日中などは外のベンチで過ごすのもとても気持ちがいい。

  • Ben Richards

美味しいコーヒーのお供にはもっちり食感のワッフルや渋谷カフェ限定のオリジナルチーズケーキなど1日を通して楽しめるフードも充実していることも魅力的。
お正月の寒いけれど清々しい日中にはぜひ温かいコーヒーとちょっとした甘い物をお供にまったりと心を整えてみよう。

<ブルーボトルコーヒー 渋谷カフェ>
○東京都渋谷区神南1-7-3 渋谷区立北谷公園内
○営業時間:12/31&1/1お休み、1/2~ 8:00~20:00
○公式サイト:https://store.bluebottlecoffee.jp/pages/shibuya

まるで海外にいるようなコーヒースタンド「STREAMER COFFEE COMPANY SHIBUYA」

穏田神社から徒歩5分ほどにあるSTREAMER COFFEE COMPANY SHIBUYA。こちらはSTREAMER COFFEEの1号店。冬の寒い日でもお店の外のベンチでは外国人のお客さんがコーヒーを片手におしゃべりしている様子をよく見かける。
気取らず気軽に美味しいコーヒーが飲めるお店って案外少ない。

世界レベルの技術を誇るバリスタが入れてくれるSTREAMER COFFEEのラテはラテアートが芸術的で美しい。もちろんお味もとても美味しく毎回感動します。そしてなんと言っても美味しいラテにはやっぱり焼き菓子が欠かせない。天然酵母を使ったオリジナルのパンやドーナッツ、チョコチップの入ったクッキーなどなど、全部食べたくなってしまう。
年初めは芸術的なラテと焼き菓子をお供に、ほっと一息ついて思い思いの時間を過ごしてみて。

<STREAMER COFFEE COMPANY SHIBUYA>
○東京都渋谷区渋谷1-20-28 1F
○営業時間:12/30~1/1お休み、1/2~ 10:00~18:00
○公式サイト:http://www.streamer.coffee/index.html

Chapter4,年の初めに教養を身につけよう

いつも行きたいと思っているのに、忙しくて中々時間を見つけられず、気になっていた展覧会やあの映画は終わってしまっていた・・・。それは今年一年あなたが一生懸命頑張っていた証拠(あかし)。新しい年のはじめは行きたかった展覧会、心ときめくワクワクするものを見て、感じて、触れて、自分の心を満たしてあげよう。

年初めは北欧デザインに触れて気持ちのいい暮らしのヒントを見つけよう
〜Bunkamura ザ・ミュージアム〜

(本展宣伝ビジュアルA (オイヴァ・トイッカ《「ポムポム」花瓶》、 セッポ・サヴェス《アンニカ・リマラ「リンヤヴィーッタ」ドレス、ヴオッコ・ヌルメスニエミ「ガッレリア」テキスタイルデザイン》、アルヴァ・アアルト《「サヴォイ」花瓶》)

Bunkamura ザ・ミュージアムでは、12月7日〜1月30日まで「ザ・フィンランドデザイン展」が開催中。
1930年代〜70年代に確立されたフィンランドデザイン、現在でも広く知られているデザイナーやアーティストたちのインスピレーション源であったフィンランドの豊かな自然。
マリメッコなどのテキスタイルやガラス工芸、プロダクトを同時代の絵画なども併せて展示されている。フィンランドの自然と豊かな発想力に触れ、心温めよう。

<ザ・フィンランドデザイン展–自然が宿るライフスタイル>
○開催期間:2021/12/7~2022/1/30
○開館時間:1/1 休館
※通常開館時間 10:00~18:00(毎週金・土は21:00まで。最終入館は各閉館時間の30分前まで)
※状況により、会期・開館時間が変更となる可能性がございます。
○入館料:一般1,700円 大学高校生1,000円 中学高校生700円
※会期中の全ての土日祝、および最終週の1月24日(月)~30日(日)は【オンラインによる入場日時予約】が必要。
詳細はBunkamura ザ・ミュージアムHP (https://www.bunkamura.co.jp/museum/)をご確認ください。
○公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/museum/exhibition/21_Finland/

<Bunkamura ザ・ミュージアム>
○東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura B1F
○公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/museum/index.html

映画はやっぱり映画館で観るのが一番!あの名作を「Bunkamura ル・シネマ」で

今やネット配信サービスの普及により自宅で映画やドラマを好きな時に観れる時代になったけれど、やっぱり映画は映画館で観るのが一番だなと思います。幕前に売店で好きなドリンクを買ったり、劇場前に掲示してある映画のインタビュー記事やパンフレットを読んだり・・・・大きなスクリーンから映画の世界に自分も引き込まれるあの感覚。映画のエンドロール、終わったあとの現実に引き戻される寂しさ、
全てが日常の中に非日常のエンターテイメントを運んでくれます。

  • 『偶然と想像』© 2021 NEOPA / Fictive https://www.bunkamura.co.jp/cinema/lineup/21_guzen.html

この冬はベルリン国際映画祭で審査員グランプリを受賞した濱口竜介監督の『偶然と想像』、歌姫ビョークの演技が話題を呼んだ衝撃作『ダンサー・イン・ザ・ダーク』(2000)のデジタルリマスター版を上映。
『ダンサー・イン・ザ・ダーク』は2022年で国内の上映権が終わるため、劇場で観られるラストチャンス!ぜひこの機会に劇場で。

<Bunkamura ル・シネマ>
○東京都渋谷区道玄坂2-24-1 Bunkamura6F
○上映スケジュール:ホームページをご確認ください。※1/1休館
○料金:一般¥1,800 学生¥1,500 (平日は学生¥1,200) シニア¥1,200 小・中・高校生¥1,000(税込)【毎月1日、毎週火曜日は¥1,200(税込)均一】
○公式サイト:https://www.bunkamura.co.jp/cinema/

関連するお便り